月下電波

同人サークル「PhotonSystem」の電波

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
▼はじめに


去年の12月頃に頒布したシリアルコード入りのダウンロードカードの作り方について

ソースコード教えろks!って言われたので役に立つかはわからないですが公開します






▼シリアルコードを作ってみる

まず乱数が必要となるので自分で1から作るのは面倒なので

ここは便利な外部サイトに頼ってみることにします

今回はこちら↓
パスワード自動作成ツール - Password Maker -

紛らわしい0(ゼロ)とO(オー)とか1(イチ)とかl(エル)とか除外して作るといいと思います

とりあえず使い切る予定はなくても多めに作るといいです(頒布予定が100だとしても500個)

ランダム生成する分にはタダですからね!



出来たランダム文字列はエクセルかなんかに貼り付けてから……
siri1.jpg



まず重複はないと思いますがCOUNTIF関数か何かを使って重複のチェックをしましょう
siri2.jpg



形式を指定して貼り付けを駆使して
あとはハイフンを入れるなり先頭に略称をいれるなり煮るなり焼くなりします
siri3.jpg



テキストエディタなどで空白を置換して完成!
siri4.jpg




▼シリアルコードを発注してみる

普通の印刷と違いシリアルコードは1枚1枚異なる印刷が必要となります

この様な印刷をバリアブル印刷と呼ぶらしいです

「バリアブル印刷 業者」とでも調べて好きな業者を選んで指示されたテンプレートに従って印刷データは用意してください




▼データベースを作ってみる

ここは別の詳しいサイトを見てください
ここでは

FLG : 状態
PICHANGE : IP変更回数
CEREAL : シリアルコード
DATE : 有効期限
UPDATEDATE :最後にDLされた日時
IP : 最後にDLされたIP


を用意するものとします



▼入力画面(index.php)を作ってみる

シリアルを入力するindex.php部分です
認証部分はPHPで動作します

index.php

・入力内容を次のページに送るだけの簡単な内容になっています
・$_GET['Result']は最初は空ですがエラー時にはメッセージが帰ってきます
・$_GET['Code']は最初は空ですがエラー時には入力したコードが帰ってきます





▼認証画面(download.php)を作ってみる

DB接続とダウンロードの処理をする根幹部分です

download.php

・DBに接続して一致するシリアルがないか調べます
・有効期限を参照して有効期限内か調べます
・シリアルの使用回数を調べてます
・DBの更新をします
・ファイルのDLをします(参考:大容量ファイルをphpでダウンロードさせる方法)




▼アクセス制限
最後に、万が一ゲームのアップロード先がばれてしまった際に直接ダウンロードができないように設定をします

参考:.htaccessによるアクセス制御のヒント

exeやzipファイルのみ自サイトを経由しない場合はアクセス制限をかけましょう
(設定によってはwww.photonsystem.comとphotonsystem.comとでは挙動が異なることがあるので注意)





▼おしまい
稚拙ですが自身で最低限のシリアル認証カードを作った際の手順は以上になります

ところどころエラー処理など抜けていたりしますが個人で使う分には問題はなかったです

PHPとDBの知識が必要となるので最近ではコンカなどのサービスもありますし

ぶっちゃけ自作するより他所に頼んだほうが早いかもしれませんね












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://photons.blog71.fc2.com/tb.php/129-e56a6c63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。